界面活性剤について

界面活性剤とは、物質の境の面に作用して性質を変化させる物質の総称のことを言います。
構造としては1つの分子中に、水になじみやすい『親水基』と油になじみやすい『親油基』の2つの部分を持っています。
この構造が、本来なら水と油のように混じり合わない物を混じり合わせるのに役立ち安定した乳化液(エマルジョン)を作ることが出来ます。
またススやカーボンブラックのような液体の表面に浮いてしまうような物質を液体に混ぜたいときに界面活性剤を添加すると均一で安定した分散液を作ることが出来ます。
その他にも、洗浄や気泡・消泡、帯電防止や湿潤、浸透といった作用を持った界面活性剤もあります。

界面活性剤の種類

界面活性剤には大きく分けて4種類の物があります。それぞれ水に溶けたときに電離してイオン(電荷をもつ原子または原子団)となるイオン性界面活性剤が3タイプあり、イオンにならない非イオン(ノニオン)界面活性剤の1つとで計4種類があります。
またイオン性界面活性剤の3つのうち、水に溶けた場合のイオンの種類により、アニオン(または陰イオン)界面活性剤、カチオン(または陽イオン)界面活性剤及び両性(陰イオンと陽イオンの両方を併せ持つ)界面活性剤に分類されます。

アニオン界面活性剤

特徴

  • 乳化、分散性に優れる
  • 泡立ちが良い
  • 温度の影響を受けにくい

主な用途

  • 衣料用洗剤
  • シャンプー
  • ボディーソープ

カチオン界面活性剤

特徴

  • 繊維などへ吸着する
  • 帯電防止効果がある
  • 殺菌性がある

主な用途

  • ヘアリンス
  • 衣料用柔軟剤
  • 殺菌剤

両性界面活性剤

特徴

  • 皮膚に対してマイルド
  • 水への溶解性に優れる
  • 他の活性剤との相乗効果がある

主な用途

  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 台所洗剤 

ノニオン界面活性剤

特徴

  • 親水性と疎水性のバランスを容易に調整できます。
  • 乳化・可溶化力に優れる
  • 泡立ちが少ない
  • 温度の影響を受けやすい

主な用途

  • 衣料用洗剤
  • 乳化・可溶化剤
  • 分散剤
  • 金属加工油

界面活性剤の身近な用途

工業用

  • 製紙
  • インキ
  • 塗料
  • コンクリート
  • 車用のエンジン、ブレーキオイル
  • 離型剤
  • 加硫促進剤

食品関係

  • チョコレート
  • スポンジケーキ
  • アイスクリーム
  • 豆腐
  • パン

食品に添加される界面活性剤の原料は、しょ糖、グリセリン、脂肪酸、レシチンなどの天然物が原料。

生活雑貨

  • シャンプー
  • リンス
  • ボディーソープ
  • 洗濯石鹸
  • 柔軟剤
  • 殺菌剤など
お問い合わせはこちら
その他の基礎化学品はこちら

石井化学産業株式会社

外観〒193-0932
東京都八王子市緑町429-1

TEL:042-626-9211
FAX:042-625-9155

お問い合わせはこちら

採用情報

積極的に挑戦する人、元気のある人、意欲のある人、自分にも他人にも誠実な人待っています。

採用情報はこちら

石井化学産業株式会社は東京八王子ビートレインズを応援しています!