消泡剤とは、液体に泡ができるのを防ぐため、あるいはできた泡を消すために添加する添加物のこと。
様々な製品の製造工程で、製品自体または製造工程にとって、泡が残ると不都合である場合に用いられ、身近なものとしては食品の製造工程や化粧品、排水処理などに用いられる。

シリコーン系消泡剤

エマルジョンタイプ

オイルコンパウンドをO/W(水中油)型エマルジョンとしたもので、最も汎用的な水性発泡液用消泡剤。食品添加用、排水処理用などさまざまな用途に適合する製品がある。

特徴:取り扱いが容易で、安全性も高い。品種も豊富
欠点:貯蔵条件に制約がある。高温発泡液や耐アルカリ性、耐酸性に弱い(優れている品番もあり)

溶液タイプ

シリコーンオイルをイソパラフィンなどの溶剤に溶かし、使用時の作業性、添加時の分散性を向上させるためにあらかじめ溶液としたもの。オイル型同様、油性の発泡系に使用。

特徴:非水系発泡液の分散性良好。
欠点:水系発泡液に対しては不向き。

オイルタイプ

溶剤や添加剤を含まない、100%シリコーンオイルで構成されたノンシリカタイプ。水や溶剤の混入を嫌う油性の発泡液に使用。

特徴:安価で即効性がある。高温での使用も可能。
欠点:油性がかなり強いため、油浮きすることがある。河川などへの排水用途は一部問題あり。

オイルコンパウンドタイプ

シリコーンオイルに粉末シリカ粉を配合したもので,シリコーン樹脂100%のため様々な特徴を活かすことが可能。

特徴:シリコーン樹脂100%のためシリコーン本来の特性が発揮しやすい。油性・水性発泡液に対して有効。
欠点:そのまま水系発泡液に使用することは不可。(乳化剤を含んでいないため)

自己乳化タイプ

親水性の変性シリコーンオイルとオイルコンパウンドから構成。水性発泡液,特に酸性・アルカリ性発泡液に対してすぐれた消泡効果を示す有効成分100%のシリコーン消泡剤。また切削油,不凍液,塗料などの内添用消泡剤としても,持続性にすぐれた消泡効果を発揮する。

特徴:幅広い用途への使用が可能で、水系・非水系のいずれにも使用可能。
欠点:他タイプに比べて高価。

粉末・固形タイプ

シリコーンオイルを高吸油性の粉体や固体に吸着させたもの。貯蔵安定性が良く、取り扱いが簡易であるため作業性に優れる。水系発泡液に対して容易に分散する。

特徴:貯蔵安定性・保存性安定性が良好。水系発泡液に分散良好。作業性が優れる。
欠点:水系以外の発泡液への使用は難しい。

高級アルコール系消泡剤

高級アルコール系消泡剤は炭素数が18~22程度の直鎖アルコールを主成分としたもの。
使用される高級アルコールは常温では固体であり、消泡剤としての機能を発現させるため、水中に乳化分散したO/W型のエマルジョンとして用いられる。

特長:脱気性が良好。製品の耐水性への影響が少ない。シリコーン系膜処理施設での膜根詰まりを軽減。
欠点:貯蔵条件に制約がある。(高温環境や凍結)

ポリエーテル系消泡剤

ポリエーテル系消泡剤は非イオン界面活性剤の一種である。高級アルコール、脂肪酸、アルキルフェノールなどに由来する炭化水素基を疎水基(親油基)として、エチレンオキサイドやプロピレンオキサイドなどのアルキレンオキサイドを付加重合したもの。

特徴:貯蔵安定性良好。少量で効果を発揮すること。
欠点:曇点を持つため、使用温度によって消泡効果が変動すること。

お問い合わせはこちら
その他の機能性材料はこちら

石井化学産業株式会社

外観〒193-0932
東京都八王子市緑町429-1

TEL:042-626-9211
FAX:042-625-9155

お問い合わせはこちら

採用情報

積極的に挑戦する人、元気のある人、意欲のある人、自分にも他人にも誠実な人待っています。

採用情報はこちら

石井化学産業株式会社は東京八王子ビートレインズを応援しています!