導電性ポリマー

ポリチオフェン系、ポリアセチレン系、ポリアニリン系、ポリピロール系がある。
それぞれ抵抗値、透明性、成膜性の違いがある。

特徴

  • 高い導電性、ポリチオフェン系材料
  • 高い透明性
  • 湿度依存性のない安定した帯電防止特性を発現可能
  • 薄膜での帯電防止性能を発現
  • 耐溶剤性、耐ブロッキング性が良好

基本性状

外観  濃青色
固形分 4.5~5.5%
粘度  2.0~10.0mPa・s
pH     2.0-3.0

塗膜物性

膜厚DRY  0.6μ   乾燥条件90℃×2分
透過率   89.4%
ヘイズ   1.1
表面抵抗値 1.1×10^3

耐溶剤性

脱脂綿:20回ラビング 変化無し
水、IPA、EtAc、Tol、MEK

用途

帯電防止および導電コーティング、キャパシタ、太陽電池電極などに使用されています。

導電性フィラー

樹脂に導電性を付与するために加える物質です。

導電性フィラーの種類

カーボン系、金属系、金属酸化物系、金属被覆系、金属酸化物被覆系などの種類があります。

使用方法

導電性(抵抗値)によって使用する用途がことなります。
抵抗値の低いものは電極や導線、接点材料などに使用され、抵抗値が高いものは電熱線や発熱体、静電気防止用などに使用されます。

イオン液体

樹脂に添加することにより、帯電防止剤として使用することができます。
不揮発性であり耐熱性が高いことから、高温プロセスが必要とされる工程で使用することができます。
また透明性が高く、使用環境の影響を受けにくい特徴があります。

お問い合わせはこちら
その他の機能性材料はこちら

石井化学産業株式会社

外観〒193-0932
東京都八王子市緑町429-1

TEL:042-626-9211
FAX:042-625-9155

お問い合わせはこちら

採用情報

積極的に挑戦する人、元気のある人、意欲のある人、自分にも他人にも誠実な人待っています。

採用情報はこちら

石井化学産業株式会社は東京八王子ビートレインズを応援しています!